FC2ブログ

農家さん直伝!桃の瓶詰め作り

先日記事に載せたなつおとめですが、
収穫最終日に青いものも含め全採りしました。
その青めの桃を使って瓶詰め作り

この品種甘みも結構あり砂糖少な目で瓶詰めにできるそう。
一度研修先のご自宅で実際に全工程を見せて頂き、
1.5コンテナ分の桃で自宅でいざ挑戦

android-20180805102430 (225x300)

農家の店「大地」で購入したびん(石塚硝子S70食料450)を
1箱(24本)と専用のキャップを譲って頂き、軽く洗います。
(100均で買うより安くキャップと別売りなのも便利)

android-20180805102717 (300x225)

その瓶に白砂糖を50g/瓶と砂糖が浸る位の水を入れます。
(グラニュー糖だと甘さ控えめ、黒砂糖は色が悪くなるかも

android-20180805091555 (300x225)

必要量の桃(桃3個で瓶2本位できます)を軽く洗い、
ピーラーで皮をむいていきます。

android-20180805102320 (188x250) android-20180805111722 (188x250)

残ってしまった頭とお尻部分は包丁で

android-20180805124918 (188x250) android-20180805124927 (188x250)

皮を剥いた桃は縫合線から放射線状にカット。
一番初めは種に直角に切らず少し斜めに切ると楽です。

android-20180805112156 (200x150) (3) android-20180805112228 (200x150)

切った桃はすぐに変色するので、すぐに水にさらします。
これ結構大変な作業です

android-20180805104700 (300x225)

慣れるまでは思うようにカットできず左のような残りが
慣れて綺麗に放射線状に切れるようになると残りもほぼなし。

android-20180805134810 (225x300)

切り終わるのに合わせて、お湯を沸かし、1-2分湯通し。
(省略できますが、この方が角がとれ、瓶詰めしやすいそう)

android-20180805105907 (300x225)

その後すぐに水にとり、瓶に詰めていきます。
この時ぎっしりぎゅっぎゅっと押しながら詰めます

android-20180805110053 (188x250) android-20180805132707 1 (188x250)

詰めた瓶に一杯まで水を入れて少し緩めに蓋をします。

android-20180805110741 (300x225)

瓶を入れて蓋も出来るお鍋に瓶の半分より下位の湯を入れ、
蓋をした瓶を入れ、鍋蓋をし、20分火を通し真空に
(半端なく大きなお鍋をお借りしました(笑))

android-20180805110435 (200x150) android-20180805111051 (200x150)

20分したら、1本ずつ取り出しすぐに蓋をしっかりしめます。

android-20180805135706 (188x250) android-20180805135728 (188x250)

取り出した瓶は蓋を下にして常温で冷まします。

android-20180805113550 (300x225)

頂いた桃で計算通り、約23本も瓶詰めが出来ました
これで冬も楽しめます、いつかマルシェにも出したいな

android-20180805142755 (300x225)

朝5時からの収穫、作業、実演、自宅での夫婦での作業で・・
気付くと13時過ぎ。疲れすぎです
でも桃に囲まれて何だか充実感を得ている幸せな主人(笑)

android-20180805212147 (300x225)

頂いた瓶詰めと煮詰めた桃ジャムと手作りイチヂクジャム。
家に桃があふれるってしあわせ

やってみたかった事いっぱい体験し、勉強になります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

テーマ : 新規就農
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

lily

Author:lily
ゆめ:田舎でのスローライフ
興味:ゆるマクロビ・畑仕事
趣味:ちょっと変わった旅行
→詳細は一番初めのブログ「welcome」を参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

島根の田舎での出来事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR