fc2ブログ

冬季剪定

今更ながら冬季剪定の記事
11月末に講習会があり、剪定開始、そこから2月中旬頃まで。
若木はその後、苗木は3月以降に。

毎年書いていますがこの剪定が奥の深~い作業で難しい。
適当に切りそろえてるとか、芽をとめてるとか思われてるみたいだけど
実は色んな要素、そして数年後を考えての大事な作業。

人に教えて簡単にできるものでもなく、
そして何よりこれで収量や出来も変わってくるので大変だけど
人には任せられない作業なのです

DSC_1993 (300x400)

この時期恥ずかしながら霜焼に毎年悩まされる私。
防寒の作業靴を新調しました
(おかげで今年は霜焼知らずなんです

いつもなら11月末から始め、温暖な12月はまさに剪定日和!
なのに、昨年は引越しと重なり皆が剪定する中、ほぼ進まず
畑が3倍以上に増えいつも以上に早く進めたいと思うジレンマの日々。

DSC_1975 (400x300)

そんな訳でとても写真どころじゃなく、適当な写真はなし
ちょっとでも空いた時間に剪定、引越し後は片付もままならない中、
年末までクリスマスもなくひたすら剪定、そして元旦は2日から。

そして第一弾としてたまった枝を燃やす日も。
こんな大量に燃やす日は念のため消防に事前に連絡を入れます。
先日の山火事もそうですがこの時期周りでも火事が多いです。

DSC_1972 (188x250) DSC_1973 (188x250)

全部じゃないけど慣れた農家さんは火の扱いがうまいです。
風の向きや色々を考えて火を扱っている気が・・慣れているのかな?
この日は家からお楽しみのさつまいも持参で焼き芋

DSC_1976 (400x300)

焚火・焼き芋って聞くと楽しそう、優雅な感じですが、
私達の場合は森のようになった山積みの枝と格闘しながら
全てを燃やしきるのでなかなか大変な作業、
主人は心配になる位顔を真っ赤にして頑張ってます

DSC_1980 (400x300)

そしてこちらは・・ようやく燃やしきって火も落ち着いた頃
焚火を眺めながらほっと一息ついている所です。

DSC_1985 (400x300)

やっぱり炭で焼いた焼き芋ってほんとおいしい
時間がないとこれがお昼ご飯になったりもします(笑)

DSC_1984 (400x300)

そして毎度おなじみの、この赤く燃えたおきが綺麗

DSC_1988 (300x400)

まとめてたら、何となく富士山が出来上がりました

DSC_1989 (400x300)

12月1月は日差しがあると日中は家にいるより温かい事もあるけど、
夕方になると山梨では急激に冷え込みます

DSC_1996 (400x300)

そんな夜はあったかいキムチ鍋や、大好きなたこ焼きとか・・

DSC_1999 (200x150) DSC_1994 (188x250)

剪定の日々は果てしなく続きます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

テーマ : 新規就農
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

lily

Author:lily
ゆめ:田舎でのスローライフ
興味:ゆるマクロビ・畑仕事
趣味:ちょっと変わった旅行
→詳細は一番初めのブログ「welcome」を参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

島根の田舎での出来事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR